質は千葉の工務店

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > やけどの炎症症状を抑えるため

やけどの炎症症状を抑えるため

脱毛サロンでの脱毛が、期待していた程ではなかったという声が聞かれたりもするのですが、実のところサロンで1回、2回の施術を受けたくらいで素晴らしい効果を体感できるというわけにはいかないのです。

 

3~4回の施術を終えてからやっとはっきりした効果が見られたというケースが大多数で、つまり即効性は望めず、それなりの時間を必要とします。

 

それに、脱毛サロンのそれぞれで使用する脱毛用の機器も違うでしょうから、脱毛の効果に差が出るのも不思議ではありません。

 

女性には、毎月月経がありますが、生理中に脱毛器を使用することは可能でしょうか。

 

月経時はホルモンバランスが乱れているので、肌がいつもよりデリケートになっています。

 

脱毛器を使うことで肌荒れを起こす割合が高くなります。

 

さらに、月経の最中は脱毛の効果が下がるといわれている事もあるので、多くの効果は望むことができないかもしれません。

 

ニードル脱毛だったら、確実な永久脱毛の効果があるものの、ニードルを通じ、毛根に電流を流す方法ですから、ニードルを刺した毛根部は、軽度の火傷の状態になってしまったりします。

 

そのため、処置の後は脱毛したところが赤くなり、軽い痛みを伴うことがあります。

 

そんなやけどの炎症症状を抑えるため、保湿とか冷却などの処置が必要です。

ノブ楽天