質は千葉の工務店

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 契約で取り決めた額の違約金

契約で取り決めた額の違約金

いざ不動産査定を受けようと思っても、どれくらいの業者から受ければいいのか迷う人も少なくありません。

 

難しい問題ですが、まずは三社を目安にお願いしてください。

 

一社とか二社だと比較対象が少なすぎますし、何より相場が分かりません。

 

ですから、査定結果を鵜呑みにしたまま、仲介業者を選んでしまうかもしれません。

 

しかし、多ければ多いほど良いのかというと、そうでもなく、情報を整理するのが大変になってしまうので、まずは三社の査定を受けてから、査定を続けるかどうかを決めるのが良いでしょう。

 

身内に不動産屋がいれば別ですが、普通は居宅を売却する際は、まず不動産会社に家の市場価値を査定してもらって、販売価格を決めて媒介契約を結びます。

 

価格を決めるのにそれほど悩まなければ、ここまで数日程度しかかかりません。

 

内覧やオープンハウスを経て買い手がつく時期ですが、物件次第、価格次第で早くも遅くもなるでしょう。

 

ただし宅地建物取引業法の定めるところにより、不動産売却のための媒介契約というのは媒介契約書の契約日を起点に3ヶ月で一旦終了するため、その間に買手がつくよう計画立てていくと良いでしょう。

 

とうとう不動産を売却できることになり、契約の締結まで済んだところで、気が変わって売りたくなくなったとか、他の人に売りたいというように心境や事情が変わって売却の話をなかったことにしたいなら、契約を破棄することもできます。

 

そうは言っても、その代わり契約で取り決めた額の違約金を支払ったり、貰い受けた手付金を買い手に倍返しすることになりますので、留意の上で契約を結ぶことです。

痛くない顔脱毛