質は千葉の工務店

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > イメージアップに配慮することが必要

イメージアップに配慮することが必要

このごろはキャッシングの利用もスマホからの申請で容易に借りることが可能です。

 

スマートフォン、パソコンそれに携帯電話というものは公共料金の光熱費などと同じ分類のものとされるので、スマホ使用料金をちゃんと支払っていると信用などにつながります。

 

支払い期限が近づいていたり、どうしてもお金が必要になってくると、消費者金融や銀行の借換ローン(おまとめローン)など、借りやすいけれど高金利なところに足が向きやすくなると思います。

 

ただ、生活に必要な住居費・光熱費・食費等や、就労に必要な面接費や当座の交通費等であれば、公的機関の融資を考えてみるのも良いかもしれません。

 

居住地の社会福祉協議会では低金利(3.0%以下)で融資を受けることができます。

 

社協の生活福祉資金貸付制度では連帯保証人がいれば無利子になるのも、他にはない特徴だと思います。

 

こういった制度があることを理解して、自分にとって最適な判断をするようにしましょう。

 

ときどきカードローンについて相談をいただくのですが、借金に対する陰湿なイメージには問題があるように感じます。

 

無計画な「借金苦」と計画的な「借金」は同じものではないですよね。

 

若年男性や再就職が多い人(特に女性)は賃金水準が低い傾向がありますが、その中で計算しても足りない部分を借金に頼るのであれば、金融業者の審査に通っている限り、問題ないと思うのです。

 

借金を奨励はしませんし収支バランスを考慮すべきです。

 

明るい気持ちで利用できるよう、金融業者でもサービスやイメージアップに配慮することが必要でしょう。

シースリー体験